NBOXなブログ

Read Article

カロッツェリア ~SDカードで動画再生~No.2【動画変換編】AVIC-MRZ009/MRZ007

カロッツェリアの楽ナビ AVIC-MRZ009/MRZ007についての基本を抑えたところで、とてつもなくできなかったSDカードでの動画再生が再生にできるまでを公開!

AVIC-MRZ009マニュアル

とにかくこのカーナビは動画の再生コーデックがめんどうで通常のパラメーターを意識しない変換だと「再生できません」と全く受け付けてくれない。当初はAdobeのPremiere Pro CS5やAfter Effect Cs5にて変換作業を行っていたのですが、全くダメ。

そこで、変換作業に使用したのはDVDリッピングソフトで有名な「Hand Brake」と中々高機能な「XMedia Recode」。
これを使用してやっとこさ再生完了でした。今回は「Hand Brake」編を公開いたします。

【仕様ソフト】

Hand Brake
http://handbrake.fr/downloads.php

 

1.カロッツェリアのカーナビ動画再生できないをできるまで 映像サイズ編

カーナビ動画 変換 再生可能

 

  1. ダウンロード等は上記のリンクを参照して行っていただき左上の「Source」ボタンより変換するファイルを選択。
  2. 画像やや上段にある「Destination」部分はPCの保存先を指定
  3. 「OutputSettings」はMp4を選択
  4. SizeはMRZ009の場合は「Width 720」 MRZ007「Width 400」を指定

Pictureタブの部分については上記の設定でOKのはずです。続いて中央のタブ左から3番目の「Video」タブの設定です。

2.カロッツェリアのカーナビ動画再生できないをできるまで ビデオコーデック編

カーナビ動画 変換2

 

  1. 「Video Codec」については「MPEG-4(FFmpeg)を選択
  2. 「Framerate」→「30」に設定
  3. 右側のAvg Bitrate(kbps)はMRZ009の場合「3980」 MRZ007「2480」 2-pass Encodingにもとりあえずチェック

ここで注意しなければならなかったのは「Video Codec」部分で当初「H.264」を選択して書き出していたのですが、全く再生されませんでした。H.264はかなりきれいな映像で変換が可能なので、個人的には一番好きなコーデックなのですが、残念です。

続いてフレームレート設定の「30」も重要です。フレームレートは1秒間に何枚の画像で表現するかという設定値になります。通常は29.97fpsとか30手前の微妙な数値で調整されている動画が多いかもしれません。そこで仕様に合わせて30fpsに設定します。

そして平均ビットレートの設定。MRZ009の仕様が4Mbps、MRZ007は2.5Mbpsとなっておりますので、単位をkbpsに修正した(1Mbps=1000kbps)値を入力します。理論値で上限いっぱいに設定すると再生できない可能性もあるので、上限手前にしてみました。

3.カロッツェリアのカーナビ動画再生できないをできるまで 音声編

カーナビ動画 変換3

 

オーディオ部分は中央のBitrate部分だけ256に設定してみました。

これで冗談の「Start」ボタンを押してエンコード完了です。

SDカードにエンコード終了したデータを挿入し、カロッツェリアの楽ナビ AVIC-MRZ009/MRZ007で再生してみると?

見事、動画が再生できないが動画が再生できるになったのではないでしょうか?

いや~知っていれば、作業はこんなものですが、ここにいきつくまでがたいへんでした。

価格checkは下記より

楽天市場楽天市場をcheck!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top